先を見過ぎて公認会計士資格の取得への道をあきらめてしまった人に言いたいこと 難関であると言われている公認会計士の試験の取得を諦めてしまったという人に完全に諦めてしまう前に一度読んでもらいたいコラムを集めてみました。 公認会計士 試験

公認会計士資格取得の為の専門学校を選ぶ際に注目すべきポイントを纏めてみました

公認会計士の学校もさまざまあります。実際に入学してみないことには本当に自分にあった学校かどうかはわからないものですが、高

公認会計士試験、通信講座で合格を目指すという道筋の難易度について考えてみた

公認会計士試験は独学で合格する人はほんのわずかしかいません。ほとんどの人が何らかの学校などを利用することになりますが、通

難関中の難関とも言われている公認会計士試験とどう向き合っていくべきかを考えていく

公認会計士試験は日本の国家資格の中でも難関試験のひとつといわれている、大変ハードルの高い試験です。医師や弁護士とならび3

難関中の難関とも言われている公認会計士試験とどう向き合っていくべきかを考えていく

公認会計士試験は日本の国家資格の中でも難関試験のひとつといわれている、大変ハードルの高い試験です。医師や弁護士とならび3大国家資格といわれています。そんな難関試験について知っておきたい情報をまとめてみました。

■公認会計士試験の合格率
合格率は国の対策などの影響を受け上昇したり下降したりと年度によって変わる場合がありますが、おおよそ10パーセントに満たない7から8パーセントで推移していることが多いようです。合格率が10パーセントに満たない、ということはそれだけ試験が難しいことを表しています。

合格するために数年かかる人も珍しくない難関な試験なのが公認会計士試験です。

■合格まで必要な期間
合格までどれぐらいの時間、勉強する必要があるのでしょうか?公認会計士試験に合格するためには、少なくとも1年半は最低でも必要だといわれています。もちろんそれよりも短い期間の勉強時間で合格する人もいますが、そういった人は本当にまれです。

ほとんどの人が2年から3、4年ほどの勉強期間を経て合格をしています。時間にすると最低でも3000時間は必要だといわれます。しかしそれはあくまで最低であって、ほとんどの人はそれ以上の勉強時間を経験し、はじめて合格を手にしています。

■合格するのはどんな人なのか
長時間の勉強時間が必要となる試験ですので合格者の多くは1日中勉強に専念できる環境にある人が多いです。特に大学在学中の10代から20代前半の受験者が近年は増加傾向にあります。もちろん社会人になり働きながら試験に合格する人も多くいます。

その場合は仕事と勉強の両立をはかることが大切で、時間の使い方で大きな差がでてしまうことから大変な努力が必要になります。

■難関試験なだけにやりがいのある試験
公認会計士になるためには大変な努力と時間が必要になります。しかし公認会計士の仕事にはその努力が無駄にならないほどの大きな魅力があります。試験に合格したことで社会の中の信用も上がり、仕事に対する意力も増してきますので、公認会計士は自分の時間を削ってでも挑戦する価値のある試験といえます。

◆公認会計士の試験について知りたい!
幅広く社会で活躍でき、大きなステータスを得ることができる公認会計士。公認会計士になるためには公認会計士試験に合格しなければいけません。難関試験ともいわれる公認会計士試験とはどんな試験なのでしょう。

難関中の難関とも言われている公認会計士試験とどう向き合っていくべきかを考えていく

■受験資格は?
公認会計士試験には受験資格の定めがありません。年齢も学歴なども関係なく誰でも受験資格があります。どんな人でもチャレンジすることができる試験です。現行の試験制度になってからは学生のうちから受験をする人が増えたため受験者数が増加してきています。

アナウンス⇒公認会計士 試験 https://cpa-net.jp/

■試験はどんな試験?
公認会計士になるためには筆記試験に合格しなければいけません。筆記試験は「短答式試験」と「論文式試験」があります。「短答式試験」に合格しなければ「論文式試験」を受けることができません。「短答式試験」はマークシート形式の試験で、「論文式試験」は記述形式の試験です。

公認会計士試験の試験範囲は大変広く、合格まで数年かかる人も多くいる、難関試験のひとつです。

■試験はいつ行われる?
公認会計士試験は年によって詳しい日程は変わりますが、短答式試験は年2回行われます。1回目短答式試験の申し込みは8月下旬から9月の上旬までに行います。試験日は12月上旬で合格発表は1月上旬に行われます。2回目短答式試験は申し込みが2月上旬から下旬まで、試験日は5月下旬で合格発表は6月下旬頃に行われます。

短答式に合格した人が受けることができる論文式試験は毎年、試験申し込みが2月上旬から2月下旬、試験日は8月下旬です。合格発表は11月中旬頃になります。

■公認会計士として働くためにはまだステップが必要
試験に合格しただけではまだ公認会計士として仕事をすることはできません。その後も踏まなければいけないステップがあります。合格後、監査や会計専門の会社に就職して業務補助の経験が必要になります。期間は2年以上です。また一定期間、実務補修を受ける必要があります。

それらのステップのあと、実務補修で必要な単位を取得できた人が修了考査を受験することができます。修了考査に合格してはじめて公認会計士として仕事をはじめることができるのです。

▲PAGE TOP

先を見過ぎて公認会計士資格の取得への道をあきらめてしまった人に言いたいこと

難関であると言われている公認会計士の試験の取得を諦めてしまったという人に完全に諦めてしまう前に一度読んでもらいたいコラムを集めてみました。


Copyright© 2016年6月10日 先を見過ぎて公認会計士資格の取得への道をあきらめてしまった人に言いたいこと
http://www.julieandrewsforum.com All Rights Reserved.