1. ホーム
  2. アドバイス
  3. ≫仕事を辞めて勉強に打ち込む価値があると言われているのが公認会計士

仕事を辞めて勉強に打ち込む価値があると言われているのが公認会計士

公認会計士の試験は大変な難関試験なので仕事をやめて勉強に打ち込む人も多くいます。しかし仕事は簡単にやめることはできませんので、働きながら試験突破を目指す人も多くいます。

働きながら公認会計士試験を受験するために知っておきたいことはどんなことでしょうか。

沢山の参考書を抱える男性

やはり学校は利用した方が良い

仕事をしながらであってもやはり専門学校などの学校を利用して試験に挑むべきです。学校でしか得られない情報もある上、法改正などに対応するのも個人ではとても難しいものがあります。

もちろん自分自身で法改正に敏感になることで対応することも可能ですが、仕事をもちながらとなると漏れが出てくることが考えられます。

働きながら試験に挑む方こそ学校を利用した方が良いでしょう。

仕事と勉強モードを切り替えることが大切

公認会計士の試験を受験する人の多くが勉強だけに専念できる環境にいる人です。その人の中でも上位に入るぐらいの実力がないと公認会計士試験を突破することはできません。

仕事をしながら受験勉強をするのでしたらプライベートな時間はすべて勉強にあてるぐらいでないと合格することは難しいといえます。

試験勉強があるからといって仕事をおろそかにすることはできませんので日中は全力で仕事をし、就業時間が終わったら勉強モードにすぐに切り替えるといった切り替えをきちんと行うくせをつけることが大切になってきます。

時間の確保が難しい

仕事モード、勉強モードの切り替えが大切なことに加えて時間を作ることも重要です。働きながらの受験は勉強時間が少ないといった面が1番のネックです。

いかに時間を確保するかで合否が決まってきます。試験勉強期間は恋愛やプライベートな遊びの時間は全く確保できないぐらいの覚悟が必要です。

公認会計士試験はそれぐらいの難関試験です。しかし合格を手にしたとき、その後の人生は大きく変わるぐらいの力のある資格でもあります。

長い人生の何年かを本気で試験に取り組むことは決して人生で無駄になることはないのです。