1. ホーム
  2. アドバイス
  3. ≫公認会計士試験、通信講座で合格を目指すという道筋の難易度について考えてみた

公認会計士試験、通信講座で合格を目指すという道筋の難易度について考えてみた

公認会計士試験は独学で合格する人はほんのわずかしかいません。ほとんどの人が何らかの学校などを利用することになりますが、通信講座などで勉強することを考える人も多いと思います。そんな通信講座について考えてみましょう。

通信講座を受講する

通信講座は通学と同等の内容

公認会計士の勉強ができる学校の多くが通信講座も行っています。どの学校でも講座の内容は通学とは変わらない場合が多いようです。

インターネットを使った授業やDVDを使った授業などを受けることができます。通信講座は時間を区切り短時間でも勉強できるよう配慮された教材もあるので、仕事の合間などで勉強することができるので時間を有効に使うことができるような工夫がされています。

フォロー体制もきちんとしているものが多く、質問や相談などにも応じている学校が多いです。

通信講座のメリット

通信講座は特に勉強する時間の確保が難しい、働きながら試験勉強をする人におすすめの方法ですがどんなメリットがあるのでしょう。

まず第一に自分の好きな時間に勉強ができる点があげられます。時間を自分で組み立てて使うことができます。つぎに講座内容で理解できなかった場合などでも何度も繰り返し見直すことができる点です。

生のライブ講座ですとそれはできません。理解できるまで何度も見ることができるのは通信講座の大きなメリットです。それから料金面でのメリットもあります。

通信講座はほとんどが通学よりも料金が安く設定されています。受講できる内容が同じレベルで料金が安いのでしたらとてもメリットは大きいです。

モチベーションを維持することが重要

通信講座のデメリットともいえるのが勉強に対するモチベーションを維持するのが難しい点でしょう。実際に講師などと接触する機会がありませんので、常に自分1人の戦いになります。

勉強をさぼることもいくらでもできてしまう環境ですので、いかに勉強に対する強い気持ちを持つかが重要になってきます。しかし勉強に対するモチベーションを高く維持できれば、通信講座は合格に大いに役立ってくれるでしょう。