1. ホーム
  2. アドバイス
  3. ≫独学で公認会計士の資格試験に受かろうと考えていたという人に読んでほしい

独学で公認会計士の資格試験に受かろうと考えていたという人に読んでほしい

公認会計士の試験を受けようとするとまず検討しなければいけないのがどう学習をするかということです。独学で自分ひとりの力で勉強をするか、専門学校などで学ぶかを選択しなければいけません。

公認会計士試験を独学で勉強しようと思っている人が知っておきたい情報をまとめてみます。

独学で試験勉強をする男性

独学で受験する人が少ない公認会計士試験

公認会計士試験を受験するほとんどの人が専門学校など学校に通ったり通信講座などを利用して受験します。独学で受験をする人は少数派です。

合格するのは独学では無理だ、という意見を持つ人も多いです。それぐらい専門知識が必要であり、法改正などにも敏感に対応する必要があるのが公認会計士試験です。

しかし独学で合格する人がいないわけではありません。少数ですが独学で合格する人もいますので、その少数の人に入る自身がある場合はチャレンジしてみても良いかもしれません。

独学で困ることとは?

ほとんどの人が専門学校などに通いながら試験勉強をする、といった特質から公認会計士試験に関する参考書や問題集などのテキストがあまり市販されていないことが1番の悩みどころになるでしょう。

市販品の中から自分に合ったテキストを探すのも時間がかかります。また勉強しなければいけない範囲が広いのも公認会計士試験の特徴でもありますので、全てを網羅するのは大変至難の業となります。

また法改正の度にテキストの内容が変わることを把握しておかなければいけないのも大変なことです。

結局は試験に対する意気込みで決まる

専門学校などで公認会計士の勉強をする人が多いですが、そのすべての人が合格をするわけではありません。そして独学をした人がすべて不合格になるわけでもありません。

公認会計士試験は学校に通っても通わなくても難関であることは変わりありません。自分自身が本気になって取り組めば独学であっても合格することはできます。

独学であっても学校に通ったとしても、結局は自分自身との戦いになることに変わりはありません。